食材

返礼品が魅力的!ふるさと納税のポイントとは

トータルで考える

野菜

ポイント状況に合わせて

少し前までは、ふるさと納税が節税対策になる、ということは知られていたものの、それほど一般的ではありませんでした。最近、ふるさと納税という言葉がよく聞かれるようになった背景は、節税対策が容易になり、簡単な手続きをするだけでよくなったことがあります。ふるさと納税は、自治体に寄付を行うと、本来、住居のある自治体に払うべき税金を免除される、というもので、受け取った自治体は、寄付した人に対し、返礼品という形でお礼をするのが一般的になっています。そのため、この返礼品の良し悪しが、人気を決めることになっており、今では、各地の返礼品を横並びで確認することができるサイトが増えてきています。こういったサイトは、ふるさと納税をしようとする利用者の立場から、選択しやすいメリットがあります。また、人気のある返礼品をランキング形式で紹介していることで、注目商品を見つけやすいくなっています。このふるさと納税を扱った販売サイトの中には、これまでの商品購入でたまったポイントで寄付することができるところも多くなっています。さらに、こういったサイトでは、購入時にポイントを受け取ることができるようになっており、ポイント10倍といった時期に寄付をすれば、ふるさと納税の謳い文句である「実質2000円の自己負担」分が、ポイントとして還ってくる場合もあります。このように、普段から気になる返礼品をピックアップしておき、タイミングよく寄付をすることで、よりお得に利用することが可能です。

魚介類

人のつながりがある制度

ふるさと納税は自分の収める住民税を、地方に収めると考えることができる制度です。これによってふるさと納税をした人は、節税することができます。節税だけでなく、地方からお礼の品が届くと言う選択もできます。選び方次第で節約にもなる制度です。

食品

実質2000円で済みます

ふるさと納税は上限内であれば実質2000円の負担で、様々な名産品を手にすることができます。そのため、ここ数年でその件数と金額は爆発的に伸びています。今後もしばらくの間、この勢いは止まりそうにありません。

風景

実質的な節税です

ここ数年、ふるさと納税が注目されています。但し、実質2000円で返礼品をもらうことができる上限があります。この上限額は所得によって異なってきますので、ふるさと納税をする前に目安を確認しておくようにしましょう。