景色

返礼品が魅力的!ふるさと納税のポイントとは

実質2000円で済みます

食品

ふるさと納税は寄付行為の一種です。寄付をした金額から2000円を差し引いた残りが税額控除の対象となります。10000円のふるさと納税をした場合、2000円の自己負担分が差し引かれ8000円が所得税と住民税から控除されます。ふるさと納税の特徴は、この寄付に対して各地方自治体がお礼の品物を送っているという点です。各地の名産品だったり、その地域で製造されている家電や家具だったり、ありとあらゆるものがお礼の品物となっています。つまり、実質2000円の負担で、いろいろな品物を手にすることができるのです。この仕組みが多くの人に受け入れられ、現在、ふるさと納税は爆発的に伸びています。但し、注意をしなければならないことがあります。それは上限があるということです。実質2000円で済ませるためには、この上限をしっかりと把握しておきましょう。上限については、ふるさと納税の専門サイトなどに掲載されている目安表や納税シミュレーションを参考にするとよいです。なお、税金を計算するための基礎となる所得は給料収入のほか、医療費控除や小規模企業共済の掛け金控除等で大きく変わってきます。また、住宅ローン控除もふるさと納税に大きく影響してきます。年初の早いうちにふるさと納税をしたものの、年後半でマイホームを買ったり、多額の医療費がかかったりすると、2000円を超える負担となるケースもありますので、ふるさと納税をする際にはこれらの可能性を考慮したうえで行いましょう。