景色

返礼品が魅力的!ふるさと納税のポイントとは

人のつながりがある制度

魚介類

節税や節約もできる

ふるさと納税は、自分の収める住民税を希望する地域やNPO法人などが、行っている取り組みに寄付をすることです。自分の収めるべき住民税の額は、ふるさと納税を紹介しているサイトなどの一部で計算できます。自分の収入額や控除される金額などを入力して概ねの数字を出すことができます。節税ということを目的とするのであれば、この数字から自己負担となる2000円を引いた額の範囲内で、ふるさと納税の取り組みを選ぶといいです。ふるさと納税の事を説明しているサイトには納税ができる金額で探す、返礼品の内容で探す、取り組みで探すなどいろいろあります。その中で自分が共感するものを選ぶことが大切です。ふるさと納税の商品や企画選びはほぼ1年中できますので、毎月なにかしらのプレゼントが届くようにしている人もいます。誰かにお歳暮を贈る時期に合わせることで、お歳暮代わりにして、交際費を節約する人もいます。各地から届く名産品は、お歳暮としても喜ばれます。各地の名産品を返礼品としていただくことは、その名産品を作った人にも恩恵があります。それまで知られていなかった商品がこの制度によって知られることは地方の活性化にもなります。ふるさと納税で安定した収入が確保できれば、後継者不足の地域の悩みも解消される可能性もあります。また着目点を変えると、ふるさと納税で地域の収入が減ってしまった地域もあります。そういう地域を応援することもできます。選び方次第で、希薄になったと言われる人と人の目には見えないつながりができます。