景色

返礼品が魅力的!ふるさと納税のポイントとは

実質的な節税です

風景

実質的な節税手段として、ここ数年で大きく注目されているものがふるさと納税です。ふるさと納税は寄付行為の1つですが、実質2000円の負担で、各地方の特産物や旅行券、食事券などをもらうことができ制度です。但し、いくらでも寄付できるわけではなく、所得金額により上限が定められています。まず、実質2000円で済む上限額がいくらなのかということを確認したうえで、ふるさと納税をするようにしましょう。上限額の目安はインターネット上で検索をすることで簡単に確認することができます。ふるさと納税の手順は通販を申し込む時と同じ感覚です。自分の欲しいものを選び、それに対する寄付金額を支払えば、手続きは完了です。後は確定申告の際に、寄付した金額を申告すれば良いだけです。なお、ワンストップ特例を利用する際には、寄付証明書と共に送られてくる申込書の返送が必要です。ここで1つ注意しなければならない点が、ワンストップ特例を利用した際でも、医療費控除や住宅ローン控除適用のために確定申告をする場合には、ふるさと納税の内容も確定申告時に記載しなければならないということです。この記載を忘れると、寄付金控除を受けることができません。また、地方自治体によってはクレジットカードでふるさと納税をすることができるところもあります。クレジットカードを利用すれば、クレジットカード会社のポイントが付きますので、実質負担をもっと抑えることができます。